消費税、一気に10%、食料品などの生活必需品の税率を低く設定する「軽減税率」の導入・・・自民党が対案提出へ

  • 2012/04/26 17:22
1 :名無しさん@12周年 : 2012/04/26(木) 14:56:28.34 ID:
自民党は26日、政府提出の消費税率引き上げ関連法案の対案を策定して、政府案の大幅修正を求める方針を固めた。

現行の年金制度の維持を柱として改善策を盛り込んだ社会保障基本法案(仮称)も提出する方向だ。

政府の消費増税法案が〈1〉2014年4月に8%〈2〉15年10月に10%――と2段階での引き上げを定めているのに対し、対案では、一度に10%に引き上げることを明記する方向で調整する。

引き上げ時期は「15年4月」とする案などが挙がっている。自民党は5月の大型連休明けに党内手続きを取り、法案を国会提出したうえで、民主党との修正協議に臨む構えだ。

自民党は対案で、消費増税法案が低所得者対策として定めた「簡素な給付措置」についても効力が疑わしいとして見直す方針。
食料品などの生活必需品の税率を低く設定する「軽減税率」の導入を念頭に置いている。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120426-OYT1T00628.htm

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

検索フォーム

QRコード

QR